令和2年の第2回目 宅建試験合格ラインニュース

宅建ニュース

宅建試験ニュース 令和2年第二回目試験の合格点発表

コロナで2回に分けられた異例の第二回目宅建試験の合格ラインの発表です。

・合格判定基準は36問以上正解
・登録講習修了者は31問以上正解

36点は納得のラインでしょう。

合格ラインに達した方は一安心だと思います。

ケアレスミスがないことを願いましょう。

微妙な方はリベンジを考えつつ、何が足らなかったのかの戦略を練りましょう。

良ければ宅建部のツイッターで戦略を作っていきましょうか。

宅建部ツイッター→https://twitter.com/takkenbu

 

令和2年の第二回目の試験詳細は以下のようになっています。

・11都府県56会場で実施
・受験者数3万5,258人、受験率は64.0%、合格者は4,609人、合格率は13.1%
・合格者の内訳は男性2,880人、女性1,729人
・合格者のうち登録講習修了者は68人で、合格率は10.7%

令和2年の第一回目と第二回目を合算した宅建試験詳細は以下の通りです。

・受験者数20万4,247人(前年度:22万797人)、受験率78.8%(同:80.0%)、合格者は3万4,337人(同3万7,481人)、合格率は16.8%(同17.0%)
・合格者の内訳は男性2万2,050人、女性が1万2,287人
・登録講習修了者は8,970人で、合格率は19.4%
・合格者の平均年齢は34.7歳、職業別では不動産業が33.1%、金融関係11.4%、建設関係9.5%、学生が13.6%、主婦が3.4%

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産業界の最新儲かりキーワード 巨大業界「不動産業界」は、どんどんトレンドが変わっている!?今、…
  2. 不動産業界の最新儲かりキーワード 巨大業界「不動産業界」は、どんどんトレンドが変わ…
  3. 民法の体系図を解説しました 宅建部の理解のタネという動画をアップしてから2本目の動画です。 …
  4. 宅建に出てくる重過失をまとめた 宅建試験では”重過失”が出てくる箇所が極めて少数あります。…
  5. 民法の時効の期間をまとめた 宅建試験に出題される可能性が高い時効期間を1ページの表にまとめました。…

部長プロフィール

ページ上部へ戻る