2023年(令和5年)宅建試験日

2023年(令和5年)の宅建試験日はいつ?

2023年(令和5年)の宅建試験日は現時点(2022年11月30日)では発表されていません。

例年通り10月の第3日曜日に実施するのであれば2023年(令和5年)10月15日の予定です。

2023年宅建試験

2023年(令和5年)の難易度は上がるか?

2023年度もマイナー論点からの出題が1〜2問あることが予想されます。

2022年では「失踪宣告」、「期間」といった宅建試験ではあまり出題されない論点から出題がありました。

2023年にマイナー論点が出題されるとすれば以下のような論点からの出題が考えられます。

  1. 権利能力なき社団
  2. 占有権
  3. 先取特権
  4. 組合
  5. 譲渡担保

他の法律系資格試験ではそれなりに出題があります(組合は少ないです)。

宅建試験での出題が少ないだけなので、このあたりは狙い目になっています。

こういったマイナー論点の出題がされるとすれば2023年度の難易度は横ばいか上昇すると考えられます。

2023年度に向けてやるべきこと

宅建試験に初挑戦の方も再挑戦の方もまずはしっかりと勉強計画を立てるべきでしょう。

宅建の勉強スケジュールの立て方(Youtube)を参考にしてみてください。

プロフィール

宅建部部長(ふくや先生)
宅建部部長(ふくや先生)
宅建士、司法書士、行政書士、貸金業務取扱主任者など法律系資格を取得。
法律未学習・高卒・フリーターから宅建試験をきっかけに法律の道を進みました。
宅建試験への思い入れが強く宅建部と宅建制覇講座を運営しています。
宅建制覇講座

関連記事

宅建講座
youtube
カウントダウンタイマー
宅建勉強部屋
ページ上部へ戻る