2021/2/22の不動産銘柄動向【宅建部の株式相場】

3行まとめ

  1. 今日は躍進!3日続落後の反発
  2. 不動産銘柄含め全面的に上昇
  3. 金利上昇懸念は払拭されていない

金利上昇について”良い上昇”なのか”悪い上昇”なのか…エコノミストの間での色々言われていますね。

結局、株が上がれば”良い上昇”なだけなので後付けな気が…(;・∀・)

今日の株式相場総括

前場も後場も強かったですね。

後場寄りが弱かったですが、持ち直したために保有銘柄は強く引けました♪

今日の株式相場

引用:https://ch225.com/nikkeiheikin/

業種別で見ればマイナスもありますが、ほぼ強いですね。

日経平均株価だけに限らずJASDAQもマザーズも強かったのでこのまま上昇トレンドになってくれ~!とお祈りしたら夜間で下げているのはいつも通りのようです(;´∀`)

 

今日の不動産銘柄 ~全体~

不動産銘柄も良いですね。

ここ数日の地合いからして今日は「底を打ったかな?」と思えるチャートを描く銘柄もありました。

霞ケ関キャピタルもそのうちのひとつですかね。

不動産銘柄は他のセクターとは少し違った見方になるため資金がしっかり来ているときにINしたり買い増しをしたいものです。

監視の目を強めているのは3銘柄ほどあるのですが、暴落に巻き込まれたら…と思ったら今の日経平均の位置ではなかなか買えないですよね~(^_^;)

結局、他のセクターを触っています。

 

今日の不動産銘柄 ~個別ピックアップ~

引用:日経新聞

CMでもおなじみの飯田グループHDです。

過去に保有をしたこともある銘柄で割と好きな銘柄です。

チャートの話になってしまいますが、25日移動平均線で反発しているように見えて、割と素直というとトレードしやすそうな動きをしていますね。

地合い関係ない動きをしていて面白いです。

 

今日の不動産銘柄 ~適時開示ピックアップ~

グットコムアセット(3475)が「販売用不動産の販売に関するお知らせ」を提出しています。

https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?scode=3291&ba=1

「前連結会計年度(2020 年 10 月期)の連結売上高の約 80%に相当する額」ってすごいですね(;・∀・)

PTSは100円高の1510円をつけています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産業界の最新儲かりキーワード 巨大業界「不動産業界」は、どんどんトレンドが変わっている!?今、…
  2. 不動産業界の最新儲かりキーワード 巨大業界「不動産業界」は、どんどんトレンドが変わ…
  3. 民法の体系図を解説しました 宅建部の理解のタネという動画をアップしてから2本目の動画です。 …
  4. 宅建に出てくる重過失をまとめた 宅建試験では”重過失”が出てくる箇所が極めて少数あります。…
  5. 民法の時効の期間をまとめた 宅建試験に出題される可能性が高い時効期間を1ページの表にまとめました。…

部長プロフィール

ページ上部へ戻る