令和4年度(2022年度)土地家屋調査士試験の案内開始

資格試験ニュース速報

7/1に令和4年度(2022年度)土地家屋調査士試験の受験案内が発表されました。

申し込み期間

令和4年度の土地家屋調査士試験の申し込み期間は、7月25日~8月5日です。

試験日

筆記試験:2022年(令和4年)10月16日(日)

口述試験:2023年(令和5年)1月26日(木)

筆記試験(10月16日)のスケジュール

土地家屋調査士の筆記試験日です。

午前の部

着席時刻:午前9時00分

指定時刻:午前9時15分

試験時間:午前9時30分~午前11時30分まで

午後の部

着席時刻:午後0時30分

指定時刻:午後0時45分

試験時間:午後1時00分~午後3時30分まで

筆記試験の合格発表

2023年1月11日(水)午後4時

まとめ

申し込み期間 2022年7月25日(月)~8月5日(金)
試験日 筆記試験 2022年10月16日(日)

口述試験 2023年1月26日(木)

合格発表 2023年2月17日(金)
試験科目 筆記午前の部:午前9時30分~午前11時30分まで

平面測量10問/作図1問

午後の部:午後1時00分~午後3時30分まで

[択一]不動産登記法・民法他から20問

[書式]土地・建物から各1問口述1人15分程度の面接方式による試験

受験手数料 8,300円

土地家屋調査士に挑戦するなら

土地家屋調査士試験の予備校はそう多くありません。
大手が多い中、新進気鋭の予備校であるアガルートアカデミーをお勧めします。
大手予備校にはない斬新な講義スタイルが人気を博しています。


プロフィール

宅建部部長(ふくや先生)
宅建部部長(ふくや先生)
宅建士、司法書士、行政書士、貸金業務取扱主任者など法律系資格を取得。
法律未学習・高卒・フリーターから宅建試験をきっかけに法律の道を進みました。
宅建試験への思い入れが強く宅建部と宅建制覇講座を運営しています。

関連記事

カウントダウンタイマー
宅建勉強部屋
ページ上部へ戻る