お勧め宅建士合格体験記【3つのこと】

宅建試験合格体験記

お勧めの合格体験記を紹介するシリーズです。

今回は大学生の合格体験記ですが、どんな受験生にも役立つことを記してくれています。

宅建士合格体験記 不動産学部1年生 島崎 真菜香さん

合格に向けてやってよかったことを3つに絞ってくれています。

一つ目は、分からないことがあったらその都度、理解するまで先生に質問したり教科書の関連するページを読み込んだりしていた

分からないことをなくすことによって不安要素が減るので自分の考えた答えに自信を持てるようになります。

答えに自信を持つことは、テストや本番の試験などプレッシャーがかかる中ではなかなか難しく、皆ができることではないのでそれだけで周りと差をつけられます。なので、勉強し始めた時からその癖を付けると良いと思いました。

本試験を経験した方なら分かると思いますが、「これが正解だ!」と思っても1%の不安がどんどん心を支配していきます。

変に悩んでしまったらもうお終いです。
「これまで2を三回連続で回答したらここは4にしておくか…」といった根拠のない回答をしてしまうわけですね。

二つ目は、問題を解くことよりも解いたあとの復習に時間をかけることです。

私は、勉強を始めてから三か月間くらいひたすら問題を解くことばかりしていました。

なぜなら、問題を多くこなすことが一番正しい勉強だと思っていたからです。

良いことのように感じるかもしれませんが、問題を解いても正誤ばかりを気にしていたので問題の内容はあまり深く理解していませんでした。

しかし、先生や周りの友人からアドバイスを受け、間違えた問題や答えを出すのに迷った問題は重点的に復習したり、間違えた分野の問題を集めて解いたりするようにしました。

過去問を解いていても、迷ったはずなのに正解したらもうその問題をマスターした気になってしまいます。

それは合格を遠退ける行為ですね。

三つ目は、毎日必ずやることを決めておくことです。

例えば、私は四月から本番前日で必ず毎日過去問を20問ずつ解くようにしていました。

どんなにやることがあって 、最低限やることがあったので自分の中で勉強のサイクルができて、自然と勉強時間が増えていくようになりました。

勉強のモチベーションを保つのは大変です。

”一日○時間”といった時間で区切ると、実はスマホを見ているのにその時間も勉強時間に含めたりしていて結局ほぼ勉強しなかったということがあります。

よって”ノルマを課す”という方法が勉強を進める上で自分自身を管理しやすい勉強方法ですね。

引用元:https://meikai-re.jp/students/taikenki/20200329-5/

 

ピックアップ記事

  1. 不動産業界の最新儲かりキーワード 巨大業界「不動産業界」は、どんどんトレンドが変わっている!?今、…
  2. 不動産業界の最新儲かりキーワード 巨大業界「不動産業界」は、どんどんトレンドが変わ…
  3. 民法の体系図を解説しました 宅建部の理解のタネという動画をアップしてから2本目の動画です。 …
  4. 宅建に出てくる重過失をまとめた 宅建試験では”重過失”が出てくる箇所が極めて少数あります。…
  5. 民法の時効の期間をまとめた 宅建試験に出題される可能性が高い時効期間を1ページの表にまとめました。…

部長プロフィール

ページ上部へ戻る