【無料レジュメ】時効期間まとめ【民法】

民法の時効の期間をまとめた

宅建試験に出題される可能性が高い時効期間を1ページの表にまとめました。

時効の一般原則は債権であれば短期5年、長期10年です。

それ以外の時効期間は個別に覚える必要があります。

これらは整理して覚えておかないとひっかけられるとすぐに間違うので、頭の整理にお役立てください。

時効期間まとめのPDF

時効期間まとめのPDF(空白バージョン)

 

時効期間まとめ

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産業界の最新儲かりキーワード 巨大業界「不動産業界」は、どんどんトレンドが変わっている!?今、…
  2. 不動産業界の最新儲かりキーワード 巨大業界「不動産業界」は、どんどんトレンドが変わ…
  3. 民法の体系図を解説しました 宅建部の理解のタネという動画をアップしてから2本目の動画です。 …
  4. 宅建に出てくる重過失をまとめた 宅建試験では”重過失”が出てくる箇所が極めて少数あります。…
  5. 民法の時効の期間をまとめた 宅建試験に出題される可能性が高い時効期間を1ページの表にまとめました。…

部長プロフィール

ページ上部へ戻る